ブログ内検索
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Firefox拡張機能: QuickWiki[0.98] | main | 復刻堂 ウルトラサイダー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
古いPCパーツを処分
バザー出品用に取捨選択を迫られました。第二の人生を歩んでくれることを願って。

■マザーボード: i815EPやApollo Pro 133Zは処分。KT133AとKT600は残す。DOSの古いゲーム専用機に当てる予定……と計画してはや数年(汗)。

■CD-Rドライブ: SCSI全二台を処分。同時代のIDEドライブと比べて、焼きミスがかなり少ないドライブだった。古いOSならまだ使える。

■モデム: 9600, 28800, 33600の外付け3台+内蔵55600(ISA)1枚は処分。55600は外付け1台と内蔵2枚(PCI)は残す。万が一の通信環境の変化に備える。AMRの55600も処分。けっこう珍品かも。

■サウンドカード: ISA3枚を処分。ISAバスのマザーも処分したため。いずれも、ドライバ供給はフロッピーだった。

■VGAカード: 初代Millennium(PCI)と初代Mystique(PCI)を処分。どっもかなり高かったけど、今となっては使い道なし。

■マウス: PS/2のボール式を3匹処分。手に馴染む物を見つけるまで買い換えるので、ほぼ新品が続々と溜まってしまう。ぜんぶ¥2,000以下だけど(苦笑)。

■その多拡張カード:

  1. 増設パラレルポート(ISA): パラレルポート接続のスキャナ用に購入。確か、プリンタ切替機をはさむとスキャナが誤作動を起したため、プリンタとスキャナ共存のために購入した。
  2. 増設高速シリアルポート(ISA): パソコン通信時代、文字落ちや文字化け、データ落ち防止に効果ありだった。
  3. 内蔵カードドック(ISA): PCMCIA専用。SCSIカードやLANカード、モデムカードも使用可能なので「リーダー(reader)」ではなく「ドック(dock)」。PCIバスだったらまだ使えた。

スポンサーサイト
- | 13:04 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック