ブログ内検索
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< AviraAntiVirとフロッピードライブ | main | DVD-RWドライブ: パイオニアDVR-116D >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
Win2000でメモリ2GB+SATA HDD+Dual Core CPU
OSはWindows2000。マザーボード、CPU、メモリのみを変更。

  • 旧: Epox EP-8KRAI(KT-600), Sempron 2600+(1.833GHz), 1GB(PQI QD18X-1G)
  • 新: MSI K9AG Neo2-Digital(AMD 690G+SB600), Athlon X2 5400(2.8GHz), UMAX(Pulsar DCSSDDR2-2GB-800 1GB×2)

グラフィックとLANはオンボードを使用。古いマザーのハードディスク(Seagate ST3500320AS 500GB SATA)を取り外して、そのまま新しいマザーに接続(※)。OS起動後、おそらく30を越えるデバイスを読み込んで再起動。※通常はOSの再インストールをお薦めします

さらに数回、デバイスのインストール&再起動を繰り返したあと、無事、古いマザーで使っていたままのデスクトップ画面が現われました。

サウンドデバイスのみ、プラグアンドプレイではドライバが読み込まれず、マザーボード付属のCDから手動でインストール。メモリはデュアルチャンネル稼動で問題なし。

デバイスマネージャから「コンピュータ」を開くと「ACPIユニプロセッサPC」のままでした。これも、「ドライバの更新」から手動で「ACPIマルチプロセッサPC」に変更。再起動後、無事タスクマネージャに二つの折れ線グラフが出現。

タスクマネージャ@デュアルコアCPU


ブラウザやエディタ、辞書ソフトなど合計20個ほどのソフトを同時に立ち上げても、タスクの切り替えでモタつくことはなくなりました。各々のソフトの起動、起動後の動作、終了も格段にスピードアップ。マルチコアCPUの恩恵というよりは、メモリ2ギガの威力のような気もします。
スポンサーサイト
- | 13:15 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック