ブログ内検索
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Firefox Add-ons: Auto Context[1.3.7] | main | 円谷プロ@YouTube >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
わざわざ道を作ってもらった話
学生時代のこと、場所は確か熊本県と宮崎県の境にある椎葉林道。

車一台がようやく通れる山道をうねうねと上り下りして、ようやく谷あいの村らしきところに出ると、道が寸断されていました。

原因は不明ですが、舗装道路の一部が崩れ落ち、直線距離にして約十メートルほどの道が谷へ落ち込んで、欠けています。

「おーい、今から造るからね」

崩れた箇所のすぐ脇にいた巨大なショベルカーがアームを振るって、陥没した道路に土砂を埋め始めました。

見ると、向こう岸でもショベルカーとブルドーザーが寸断部分を同じように埋めています。どうやら、作業員さんたちは休憩を取っていたようです。

みるみるうちに崩れ落ちた部分は埋まり、砂が敷かれて整地が進みます。約20分が経過。

「おーい、できたよー」

窓から顔を出して「有り難うございました」を連発して、出来立てホヤホヤの道路を進みました。今日はここで車内一泊かと思いきや、道路整備の凄腕を堪能し、お気楽ドライブは無事続行。

スポンサーサイト
- | 23:47 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック