ブログ内検索
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 【続】DownThemAll! でダウンロードフォルダを指定する | main | とあるBBCのニュース(地方自治体職員の減給処分) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
胃ぐすりとしての「せんぶり」
十日ほど続いていた胸焼けが、粉末「せんぶり」の服用で取れました。

H2ブロッカーを含む胃薬は、飲んで数時間ほどは効果あり。寝る前に飲むと胸焼けで目が覚めることはない。しかし次の日、昼飯前ごろにはぶり返します。

「せんぶり」は食事前に一日三回、さらに、胸焼けが現われたときに随時服用。飲み始めて二日目で、胸回りの不快感はほぼ解消。

「せんぶり」は中国由来の漢方薬ではなく、日本で独自に生み出された「和漢薬」だそうです。薬効成分としては特に、胃の痛みや不快感を治癒するものは入っていないとか。強烈な苦みが脳に何らかの信号を送り、胃酸過多を抑えるなどして、胃の健康を取り戻すのかも。
スポンサーサイト
- | 21:21 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック