ブログ内検索
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 良き音楽: 「ココロオアシス」 by 金田朋子 | main | Firefox拡張機能: Annoyance Remover[2.0b3] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
Firefox のメニュー項目を隠す
Firefoxの使わないコンテキストメニューを不可視にする場合、userChrome.css内でメニューの「アイテム名」に"display: none !important;"と記す手があります。

【参考サイト】


---

拡張機能の中には独自のコンテキストメニューを追加するものもあります。そうなると、不可視にするメニューの「アイテム名」がわからないこともあります。

そんなとき、同じ拡張機能のMenu Editor[1.2.3.3]の設定ファイルを覗くと、メニューの「アイテム名」が書いてあるかもしれません。

Menu Editor[1.2.3.3]をインストールすると、プロファイルフォルダmenuedif.rdfというファイルが作られます。この中にメニューの「アイテム名」が書いてあるようです。

ウチの場合、userChrome.cssで不可視にしたメニュー項目は次の通り。すべて、拡張機能が独自に追加した、右クリックのコンテキストメニュー項目です。


/* [NoScript]を消す */
#noscript-context-menu {
display: none !important;
}
/* [Resurrect this page...]を消す */
#resurrect-page-context {
display: none !important;
}
/* [Resurrect this link...]を消す */
#resurrect-link-context {
display: none !important;
}
/* [Save Link to Link Pad]を消す */
#linkpad_context {
display: none !important;
}


くれぐれも、menuedif.rdfuserChrome.cssも、文字コードがUTF-8であることにご注意を。

不具合発生に備えて、userChrome.cssのリネーム&バックアップも忘れずに。
スポンサーサイト
- | 21:46 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック