ブログ内検索
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< DDWINとAvira AntiVir PE Classic | main | Gmailの保存容量の“怪” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
Windows 2000でメモリ1GB
未だにWindows 2000をメインで使っています。
Vistaの前がXPで、
そのさらに一つ前の世代のOS。

先日、メモリを512MB->1GBへ。
バルクのDDR SDRAM(PC3200)CL3で¥6,710也。

通常使用では、
ブラウザ3つ、辞書検索ソフト8つ、エディタ、
など合計15個ほどのアプリを同時に立ち上げ、
さらに、タスクトレイには、
アイコンが20個以上並ぶほどの常駐ソフト群。

メモリ512MBではタスクを切り替えるたびに、
ハードディスクアクセスが数秒続きます。
1GBともなると、瞬時に切り替わる。
OSやソフトの起動速度は特に変化なし。

試しに、アプリを30個ほど同時に立ち上げても、
タスクマネージャの
「コミットチャージ->最大値」の値が、
"956476"(KB)から一向に増えないのは、ちょっと不思議です。
スポンサーサイト
- | 00:00 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック