ブログ内検索
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< つぎはぎの記憶@映画(No.1) | main | 「修正ペン」の遍歴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
やって来る猫たち
我が家には猫が頻繁に訪れます。
野良猫、捨てられ猫、放浪猫、
別宅を探すどこかの飼い猫、
親とはぐれた仔猫、等々。

今年も、覚えている限りで6匹。
出現順に:

尻尾がすらりとまっすぐ長い茶トラ。
皿のカリカリを一粒残さず、
ゆっくりときれいに食べ尽す。
オス同士のケンカに負けて
以後、姿を見せず。

生後一ヶ月ほどの黒猫。
魚肉ソーセージをバクバク食べる。
お母さん猫が保護した模様。

白地が多いキジ猫。
キジ猫(1)

おそらくこの界隈のボス。
茶トラを追い払った。
ほとんど同じ柄で、
ボブテイルの長さが微妙に異なる
二匹だったことが判明。

もう一匹黒猫。
黒猫(1)

仔猫ではないが成猫でもない。
二回ほど見参。
異常に身軽だった。

尻尾が長くて顔が三角のグレー猫。
人間をまったく恐れない。
裏口できちんと正座をして、
カリカリを待っていた。
やはりキジ猫に追っ払われた。

出現回数最多はキジ猫。
ただし、あちこちに糞をして回るので、
家人に嫌われ、出現頻度減少。
軽い敵意を察知した模様。
スポンサーサイト
- | 00:07 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.k-tan.staba.jp/trackback/393074
トラックバック