ブログ内検索
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 家庭内LANのギガビット化 | main | 2011年、明けましておめでとうございます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
Windows 2000 インストール顛末
数年ぶりにWindows 2000 Professionalをクリーンインストールしました。気づいたことをチラホラと。

  1. Socket AのマザボにSATA→IDE変換アダプタを使って、1TBのSATA HDDを接続。データ置き場として使う。OSは別のPATA HDDへインストール。アダプタはコレ→Owltech OWL-PCB05 変換基板SATA→IDE変換。某大手家電量販店のPC自作コーナーで税込1,780円。マザボ側のコネクタに差して使うタイプなので、HDDとのデータケーブルはSATA用を使う。ドライバは不要。BIOSレベルでSATA HDDを認識可能。このアダプタ専用の電源ケーブルが付属。4Pペリフェラルに繋ぐ。

  2. 容量が137GBを超えるHDD(たとえば1TBのHDD)はService Pack 4を当てて再起動のみでは、全容量を認識することはできなかった。レジストリの操作後、無事1TBを認識。今回はフリーソフトの「窓使いの友」を使わせていただきました。

  3. データ置き場の1TB HDDはHitachi HDS721010CLA332。7200rpmだけど、読み書き時にかすかにカリカリ音が出るだけで、普段は実に静か。別PCに積んだ5400rpmのWestern Digital WDC WD5000AAKS-00A7B0のほうがよほどウルサイ。低いモーター音が間断なく耳障り。

  4. Avira AntiVir Personal - FREE Antivirusの最新バージョンのインストールには、はService Pack 4、プラス、最新版のセキュリティロールアップパッケージ(SRP)が必要。どちらが欠けても、インストール段階で拒否される。SRPのダウンロードはここ→ダウンロードの詳細 : Windows 2000 SP4 用の更新プログラム ロールアップ 1。

日立の1TB HDDは全性能の9割程度は出しているようです。体感的には他のSATA HDDとさして変わりません。オウルテックのアダプタはなかなかスグレもんです。

HDDに落しておいたSP4, SRP, IE6 SP1をインストールしてWindows Updateをかけると、96個ほどの更新プログラムを突き付けられました(.Net FrameworkやWMPは除く)。

アプリやランタイムのインストールを含めると丸一日つぶれましたが、無事使えるようになりました。
スポンサーサイト
- | 21:18 | -

web拍手 - | pookmark
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.k-tan.staba.jp/trackback/1010196
トラックバック