ブログ内検索
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
年末の続発PCトラブル
一台直ったと思ったらまた一台、と12月のほとんどはPCのメンテで終ってしまいました。グッタリ。

●PC1
症状:電源投入後、POST画面にも到達せず、画面は暗いまま。[DEL]キー連打でBIOSに入ることさえできない。HDDの稼動音は聞こえる。各種ファンは目視で回転を確認。
対処:リセットスイッチによる再起動、電源再投入、ケースを開けてCMOSクリア、電源、HDD、VGA、その他のケーブルをもう一度差し直す→いずれも症状に変化なし
結末:ケーブルはそのままで、ビデオカード(Sapphire Radeon 9600 Atlantis AGP)を手持ちの予備(Radeon VE AGP)に交換。無事POST画面に到達、OS(Windows 2000 SP4)も起動した。イベントビューワにエラーの記録は一切なし。どうやらビデオカード(Sapphire Radeon 9600 Atlantis AGP)が壊れた。ビデオカードのみの異常なら、画面表示がないままOS自体は起動しそうだが、その後、別PCが変調を来たしたので、くわしい検証は後回し。

●PC2
症状:電源投入後、デスクトップが出て来るまで10分以上が経過。マウスポインタを動かして通常使用ができるようになるまで、さらに10分以上が経過。PIO病の典型的症状と思われた。
対処:OS(Windows XP Home SP3)のイベントビューワを確認、大量のエラーあり→「イベントID:7 デバイス ¥Device¥Harddisk1¥D に不良ブロックがあります。」。該当HDDはSeagateの古い40GB(PATA)。データ保存ドライブなのでサクッと取り外して、手持ちの別HDD(SATA 500GB)に交換。
結末:HDD交換後、HDDの転送スピードがもどり、いつもの起動時間を回復した。システムドライブ“以外”のHDDの物理的障害が、OSの起動時間を遅くさせたのは初めての経験。障害ディスクにアクセスして初めて、「このHDDの読み書きがいやに遅いな」は数度経験があった。

●PC3
症状:突然のフリーズ。タイミングは様々。OS起動中、ブラウザでサイト閲覧中、辞書ソフトで単語を調べている最中、OSを終了させた後の「設定を保存しています」の画面表示中、POST画面表示中、その他。
対処:CMOSクリア、電源、HDD、VGA、その他のケーブルをもう一度差し直す、メモリをいったん外してもう一度差す、電源を手持ちの別PCのモノと交換、IDE、SATA、VIA 4in1ドライバを削除して入れ直し、SATAケーブルを買って来て交換、手持ちの別HDD(SATA)にOS(Windows XP Home SP3)のクリーンインストール、新しいHDD(SATA)を買って来てOS(Windows XP Home SP3)のクリーンインストール→いずれも症状に変化なし
経過:イベントビューワを見ると、フリーズした直後にはたいてい二つのエラーが出現→「イベント ID:11 ドライバは ¥Device¥Harddisk0¥D でコントローラ エラーを検出しました」「イベント ID:5 ¥Device¥Ide¥IdePort0 でパリティ エラーが検出されました。」。SATAケーブルを差し直すと二つのエラーは消えてOSが正常に起動し、その後も問題なく動くこともある。ただし、数日が過ぎると、やはりフリーズが発生し、二つのエラーがイベントビューワに記録される。
推察:フリーズの原因はSATAケーブルの品質ではない。四本取り替えたが症状に変化なし。ケーブルの不十分な差し込み、あるいは、ズレが原因の場合もあったと思われるが、今回はそれだけではない。
結末:万策尽きてMB(ASrock 785G Pro)のサポート(ユニスター)に電話で助けを求める。症状と行なった対策を告げると「MBの初期不良の可能性があるので、可能ならショップにMBの交換を頼んで下さい」とのこと。購入先のAmazonは快く交換に応じてくれた。届いたMBでは今のところフリーズなどの妙な挙動は見られない。
後日談:交換後のMBで再びフリーズ発生。イベントビューワに「イベント ID:11 ドライバは ¥Device¥Harddisk0¥D でコントローラ エラーを検出しました」が出た。MBは問題ないと思われるので、今回はSATAケーブルが怪しい。ケーブル交換。留め具がL型のモノから、MB付属の留め具が平らなモノへ。交換後、エラーは消え失せ、ほぼ一週間、フリーズなどの妙な動きはない。

雑感:

  1. HDDの「コントローラ エラー」や「パリティ エラー」の原因は、HDDの障害やHDDケーブルの不良とは限らない。MB側が不良の可能性もある。
  2. SATAケーブルは極めてズレ易く、抜け易い。パッと見はきちんと差さっているように見えても、指でグイと押し込むとHDDの「コントローラ エラー」や「パリティ エラー」が消えることもある。ただし、今回のPC3のトラブルはMBの初期不良だった。
  3. HDDをPCケースの床面に近いベイに設置するとき、「L型留め具のSATAケーブル」は使わない。ケーブルが垂直に下方向に伸びるのでPCケースの床面に接触して、留め具がHDDにキチンと差さらないことがある。


教訓:
SATAケーブルはPATAケーブルよりも差し具合に注意が必要だ。目視に頼らず、必ず指でグイと押し込む必要がある。特に、HDD側。
Windows 2000 インストール顛末
数年ぶりにWindows 2000 Professionalをクリーンインストールしました。気づいたことをチラホラと。

  1. Socket AのマザボにSATA→IDE変換アダプタを使って、1TBのSATA HDDを接続。データ置き場として使う。OSは別のPATA HDDへインストール。アダプタはコレ→Owltech OWL-PCB05 変換基板SATA→IDE変換。某大手家電量販店のPC自作コーナーで税込1,780円。マザボ側のコネクタに差して使うタイプなので、HDDとのデータケーブルはSATA用を使う。ドライバは不要。BIOSレベルでSATA HDDを認識可能。このアダプタ専用の電源ケーブルが付属。4Pペリフェラルに繋ぐ。

  2. 容量が137GBを超えるHDD(たとえば1TBのHDD)はService Pack 4を当てて再起動のみでは、全容量を認識することはできなかった。レジストリの操作後、無事1TBを認識。今回はフリーソフトの「窓使いの友」を使わせていただきました。

  3. データ置き場の1TB HDDはHitachi HDS721010CLA332。7200rpmだけど、読み書き時にかすかにカリカリ音が出るだけで、普段は実に静か。別PCに積んだ5400rpmのWestern Digital WDC WD5000AAKS-00A7B0のほうがよほどウルサイ。低いモーター音が間断なく耳障り。

  4. Avira AntiVir Personal - FREE Antivirusの最新バージョンのインストールには、はService Pack 4、プラス、最新版のセキュリティロールアップパッケージ(SRP)が必要。どちらが欠けても、インストール段階で拒否される。SRPのダウンロードはここ→ダウンロードの詳細 : Windows 2000 SP4 用の更新プログラム ロールアップ 1。

日立の1TB HDDは全性能の9割程度は出しているようです。体感的には他のSATA HDDとさして変わりません。オウルテックのアダプタはなかなかスグレもんです。

HDDに落しておいたSP4, SRP, IE6 SP1をインストールしてWindows Updateをかけると、96個ほどの更新プログラムを突き付けられました(.Net FrameworkやWMPは除く)。

アプリやランタイムのインストールを含めると丸一日つぶれましたが、無事使えるようになりました。
家庭内LANのギガビット化
体感的には3倍以上のスピードアップ。特に、数百MB以上の大きめのファイルのコピーや移動はあっけなく終ります。

■構成:
PC1: Realtek RTL8111B (onborad)
CPU: AMD Athlon 64 X2 5400+ (2.8GHz×2), MB: MSI K9AG Neo2 Digital, RAM: 1GB×2=2GB, OS: Windows XP Home (SP3)

PC2: Realtek RTL8111E (onborad)
CPU: AMD Athlon II X2 265 (3.3GHz×2), MB: ASRock 785G Pro, RAM: 2GB×2=4GB, OS: Windows XP Home (SP3)

PC3: 玄人志向 GbE-PCI2 (Chip: VIA VT6122)
CPU: Sempron 2600+ (1.8GH), MB: EPoX EP-8KRAI, RAM: 1GB, OS: Windows 2000 Professional (SP4)

HUB: Buffalo LSW3-GT5NS ※Jumbo Frame(16,000 Byte)対応

■雑感:
ジャンボフレームはすべての機器でON。フレームサイズもそれぞれ最大に設定。OFFにすると転送速度が半減する。

転送速度向上にはCPUパワーが不可欠かな。PC1[AMD Athlon 64 X2 5400+ (2.8GHz×2)]からPC3[Sempron 2600+ (1.8GH)]へのファイルコピーはその逆方向より、倍以上早く終了します。

発熱はどれも少ない。バックアップのため3時間ほどLAN経由で莫大な数のファイルをコピーしても、オンボードLANチップはどれもほんのり温かくなる程度。ハブはまったく温度変化なし。

ブラウザを使ったダウロードスピードも相当に速くなりました。


  • 今まで:[Internet]->[ADSLモデム]->[ルーター(IO-DATA NP-BBRL)]->各PC
  • GB化後:[Internet]->[ADSLモデム]->[ルーター(IO-DATA NP-BBRL)]-->[バッファローハブ]->各PC


ルーターから直接各PCに分岐するよりも、間にハブを入れるほうが、データ転送は速くなるようです。ただし、通常のサイトブラウジングにて、描画スピードのアップなどは特に感じられませんでした。
PC電源死亡@年末だぁ
今朝、PCの電源がお亡くなりになりました。スイッチボタンを押しても、反応なし。電源ユニットのケーブル抜けを確認しようと顔を近づけると、何やら焦げた臭いがぷ〜ん。

とりあえず、ユニットからケーブルを抜いて、新しい電源を調達。老舗 shinise KURO500G(500W)。某家電量販店で税込7,480円でした。「黒帯2段シリーズ」らしい。店の案内貼り紙によると中身はAntecとあったが、ホントかな。

電源を載せ換えると無事、PCは起動。ブラウザのページ読み込みが速くなったのは、気のせいでしょうね(苦笑)。

壊れたブツは、平成18年(2006年2月)に買ったTORICA SEI-Breeze SEIB-400(400W)というもの。寿命は3年と10ヶ月。他の機器を一切巻き込まなかったので孝行者でした。
Windows 7のサポート期間が変更
Windows 7のサポート期間が変更されている模様です。

確認したページは→マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

今年の8/26の記事(Windows 7 の『延長サポート終了日』)の時点では、Windows 7の全製品で以下のとおり。

  • メインストリームサポート終了日:2015/01/13
  • 延長サポート終了日:2020/01/14


今見てみると、Windows 7のProfessionalとEnterpriseのみ変更なし。残りの全製品はUltimateも含めて、延長サポート終了日が「対象外」となっています。つまり、5年ちょっとでサポート切れ。Windows XPの延長サポート終了日は2014/04/08なので、その差はわずかに9ヶ月。

Firefoxの拡張機能ScrapBookで保存しておいたページのSSを↓に。


■ページ内の表タイトル
マイクロソフト_プロダクト_サポート_ライフサイクル(表タイトル)
■2009_08_27の時点
マイクロソフト_プロダクト_サポート_ライフサイクル(2009_08_27)
■2009_10_28の時点
マイクロソフト_プロダクト_サポート_ライフサイクル(2009_10_28)

Win2kからWinXP(Home)へ
Windows2000も来年の7/13には「延長サポート終了」なので、WindowsXP(Home)のDSP版(SP3適用済み)を入手して、シルバーウィーク期間中にOS交替に着手。

MB :MSI K9AG Neo2 Digital (AMD 690G+SB600 SocketAM2)
CPU:AMD Athlon64X2 5400+ BOX (2.8GHz×2/L2=512KB×2/65W/SocketAM2)
MEM:UMAX Pulsar DCSSDDR2-2GB-800 (DDR2 PC2-6400 1GB × 2)
HDD:Western Digital WDC WD10EADS-00M2B0 (1000GB)
VB :オンボード (ATI Radeon X1250)

当然(汗)、小トラブル発生。

  1. ディスプレイ(IO-DATA LCD-AD194VW)がアナログ端子でしか映らない。DVI-D端子につなぐと、PC電源を投入してBIOSが映った直後に画面がブラックアウトする。BIOSいじり、ドライバのバージョンを変更してもDVI-Dは映らない。打つ手なし。
  2. イベントビューワにWindows Search Serviceのエラー(ID:3013)が大量に出た。「詳細:システムに接続されたデバイスが機能していません。」としてFirefoxのキャッシュのパスが記されている。そんなところは金輪際検索しない。メンドーなので「プログラムの追加と削除」からWindows Search 4.0をサクッと削除。エラーは出なくなった。


その他雑感。

  1. OS自体の起動、アプリの起動、動作などのスピードはWindows2000よりやや機敏になった。もちろん、「パフォーマンスオプション」の「視覚効果」は半分くらいがオフ。
  2. OS起動時、通知領域のアイコンが時計に近いほうで右から左に埋まっていく。時計から一番遠い左端が最後に起動したアプリ。Windows2000では逆だった。
  3. 通知領域のアイコンの表示/非表示を選べるのは便利。Windows2000のときはアイコンが20個以上並んだが、7個にまで減った。

Windows 7 の『延長サポート終了日』
MSから公式の発表が出ているようです。

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

『延長サポート終了日』は全エディションで2020/01/14だそうです。Windows Vista Businessの2017/04/11より3年ほど長い。
古いPCパーツを処分
バザー出品用に取捨選択を迫られました。第二の人生を歩んでくれることを願って。

■マザーボード: i815EPやApollo Pro 133Zは処分。KT133AとKT600は残す。DOSの古いゲーム専用機に当てる予定……と計画してはや数年(汗)。

■CD-Rドライブ: SCSI全二台を処分。同時代のIDEドライブと比べて、焼きミスがかなり少ないドライブだった。古いOSならまだ使える。

■モデム: 9600, 28800, 33600の外付け3台+内蔵55600(ISA)1枚は処分。55600は外付け1台と内蔵2枚(PCI)は残す。万が一の通信環境の変化に備える。AMRの55600も処分。けっこう珍品かも。

■サウンドカード: ISA3枚を処分。ISAバスのマザーも処分したため。いずれも、ドライバ供給はフロッピーだった。

■VGAカード: 初代Millennium(PCI)と初代Mystique(PCI)を処分。どっもかなり高かったけど、今となっては使い道なし。

■マウス: PS/2のボール式を3匹処分。手に馴染む物を見つけるまで買い換えるので、ほぼ新品が続々と溜まってしまう。ぜんぶ¥2,000以下だけど(苦笑)。

■その多拡張カード:

  1. 増設パラレルポート(ISA): パラレルポート接続のスキャナ用に購入。確か、プリンタ切替機をはさむとスキャナが誤作動を起したため、プリンタとスキャナ共存のために購入した。
  2. 増設高速シリアルポート(ISA): パソコン通信時代、文字落ちや文字化け、データ落ち防止に効果ありだった。
  3. 内蔵カードドック(ISA): PCMCIA専用。SCSIカードやLANカード、モデムカードも使用可能なので「リーダー(reader)」ではなく「ドック(dock)」。PCIバスだったらまだ使えた。

HDDトラブル: Seagate Barracuda 7200.11
そろそろ自作派の人以外にも知られるようになった、Seagate Barracuda 7200.11における、Firmwareの不具合。

Seagate製ハードディスクのファームウェアに致命的な不具合、起動不能・アクセス不能になることが判明 - GIGAZINE
シーゲイトのHDD不具合に苦情が殺到――集団訴訟に発展か : ストレージ革命 - Computerworld.jp
「SeagateのBarracuda 7200.11などにアクセス不能になる不具合 」セキュリティホール memo
SeagateのBarracuda 7200.11などにアクセス不能になる不具合
Seagate(シーゲイト)社製Barracuda 7200.11/Barracuda ES.2/DiamondMax 22/SV35の故障について
シーゲイト、HDDのアクセス不能問題で修正ファームウェアの提供を一時停止:ニュース - CNET Japan
以下、2ちゃんねるスレ
【株価↓】Seagate製HDD友の会 Part57【地獄門】
Seagate Barracuda7200.11 不良品・不良セクタスレ

ウチにも一台あります、Seagate Barracuda 7200.11 ST3500320AS。FirmwareのバージョンはSD15。まさしく不具合が発生する機種です。

PC起動時にアクセス不可は、今のところありませんが、ベンチマークを取るとwriteがreadの1/10以下に陥りました。買って来た当初はread、writeはほぼ同じ数値。

さっそく、不具合が解消されたと思われる最新FirmwareをSeagate Knowledge Baseから誘導されるページでダウンロード。(このページ、右上の言語選択を"English"にしないと全体表示できないかも)

isoイメージをCD-Rに焼いて、他のHDDはすべてデータケーブルと電源ケーブルを外して、CD-Rから起動。Firmware更新プログラム起動、使用許諾説明文を抜けると、3種類のHDDの型番が表示されたので、"ST3500320AS"を選択。

二十秒ほど待たされて、「スペースキーを押せば電源がオフになります。ALT+CTRL+DELの再起動は絶対に使うな」という内容の英文が表示され、言われるままスペースキーを叩く。即座に電源が落ちました。

外したHDDをもどしてPC起動。FirmwareはSD15→SD1Aに更新成功。ベンチでもreadとwriteがほぼ同じ数値となり、購入当初のパフォーマンスが復活しました。

Seagateの対応は稚拙の極みです。バグを修正した新Firmwareがさらにバグ持ち、一部のバグ修正ずみFirmwareはメールの連絡が必須、どの型番のどのFirmwareバージョンに不具合があるのか未だに確定していない。

今まで10台以上使ってきて故障知らずのSeagateでしたが、二度と使うことはないかも。
PC騒音対策に防振ゴム
ウチのPCの騒音対策に防振ゴムが効きました。

新しく入れたHDD「Seagate Barracuda 7200.11(ST3500320AS)」がむやみとうるさい。電源オン直後から、低い唸るような音がぶぅぅぅーんと漏れて来る。ねじにゴムやシリコン製の防振ワッシャを噛ませて取り付けても、唸り音に変化なし。

畳の部屋だからたいして効果はあるまいと思いつつ、試しに1個80円少々の防振ゴムを4個、PCケースの下に敷いてみました。

使用した防振ゴムは「和気産業株式会社」の「防振ゴムA」。サイズは10mm×50mm×50mmのタイプ。

結果、低い唸り声は、ほとんど気にならなくなりました。今度は、CPUやケースファンの風切り音が耳につく。耳障り度は、低いモーター音よりは、かなりマシかな。
| 1/2PAGES | >>