ブログ内検索
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事のカテゴリー
過去の記事
お薦めアイテム
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | -

web拍手 - | pookmark
Cambridge School Dictionary[2008:1st]
Cambridge School Dictionary[2008:1st]

中級者以上向けの英英辞典です。辞書の内容はCambridge Learner's Dictionary[2007:3rd]とほぼ同じの模様。多義語は語義を細かく分けて独立させてあります。間違えやすいミスの解説やコロケーションもあちこちに載っています。

辞書ソフトも付属。付属しないものもあります。緑が鮮やかな画面はなかなか見やすい。


↓クリックで拡大します
Cambridge School Dictionary[2008:1st]


amazon.co.jp では今日現在、Cambridge School Dictionary[2008:1st]は税込で¥2,321。

Chambersの新辞書二冊
英語学習者向けの新しい辞書が発売されています。

Chambers Essential Learners' Dictionary
Chambers Student Learners' Dictionary

Chambers Essential Learners' Dictionaryのほうは収録語彙数が少なめ。代わりに、活字サイズが大きめ。図版が入り、囲み記事の語法解説がより豊富。

価格はAmazonでどっちも2,000円以内。

Chambers Essential Learners Dictionary
Chambers Student Learners' Dictionary

二冊ともも辞書ソフト付き。Windows版のみ。紙の辞書の全項目を収録しているとあるが、Chambers Essential Learners' Dictionaryのほうは、イラストが入っていない。Chambers Student Learners' Dictionaryには元々図版が入っていない。


Chambers Student Learners' Dictionaryの画面
(↓クリックで拡大)
Chambers Student Learners Dictionary(1st)


検索語ヒットと同時に発音が聞けて、語義や例文を含む全文検索も可能。フォントの種類とサイズと、発音再生の音量も自由に変更可。

English Language Glossary Browser[1.0]
English Language Glossary Browser[1.0]

usingenglish.comが配布しているフリーの文法、語法用語辞典ソフトです。対応OSはWindowsのみ。Vistaで使えるかどうかは不明。

中学、高校の英語の授業で出て来る文法用語はもとより、言語学で使われる専門用語も少数収録。"determiner(限定詞), loan word(借用語、借入語), discourse analysis(談話分析)"なども見出し語として登場する。


クロスリファレンス↓はリンクの他、ドロップダウリストにも表示される
English Language Glossary Browser[1.0]
↑クリックすると別窓で拡大します


全体に、収録語彙数は少なめ、説明文もそれほどくわしくはありませんが、クロスリファレンスが充実しています。フォントの種類やサイズ、配色の変更などのカスタマイズは一切不可。

Cambridge Dictionary of American English[2008:2nd edition]
Cambridge Dictionary of American English[2008:2nd edition]

2000年に出た初版の改訂版です。CD-ROM同梱で辞書ソフトも使える。amazonで税込¥3,073でした。

●紙の辞書:
活字の色が見出し語は濃いブルー、定義文や例文は黒。個人的にはすこぶる見やすい。イラスト豊富。"USAGE"の囲み記事が500以上あるそうです。内容は類義語・類似表現の使い分け方、名詞や動詞を修飾する前置詞の解説など。

主要な基本単語には、各語義説明の先頭に類義語が一つ載せられています。意味の把握にはきわめて便利。Cambridge Advanced Learner's Dictionary[2005:2nd]と比べると、自動詞・他動詞の語義区分がいっそう細かく分けられています。

●辞書ソフト:
対応OSはWindows 2000/XP/Vista、Mac OSX(version 10.4)。フォントサイズの変更は「大・中・小」の三段階のみ。コマンドのコピーと印刷はアイコンで表示。検索履歴は保存しますが、アプリケーションを終了すると自動的に全消去。自分の声の録音・再生が可能。


画面はこんな感じ
Cambridge Dictionary of American English Second edition
↑クリックすると大きな画像が新窓で開きます


ウチの環境では、アイコンのヘルプをクリックしてもヘルプ画面が出て来ません。また、オプションの設定で、検索ヒット同時に発音を再生する、としても音が再生されない。スピーカーアイコンをクリックすれば、発音そのものは聞けます。

辞書ソフトの修正、更新情は一括してここ→Software updates/fixes @ Help - Cambridge University Pressで扱っています。今のところ、このソフトの修正版などは出ていません。
実験@Macmillan English Dictionary[2007:2nd Edition]
Macmillan English Dictionary for Advanced Learners[2007:Second Edition]

ちょっと実験してみました。

一ヶ月ごとの認証を確認するため、OSの時計を三ヶ月先にしてみました。辞書プログラムをスタートさせると、見慣れない↓のダイアログが表示されます。


error dialog(1)@Macmillan English Dictionary[2007:2nd Edition]


2008/02/04に見たダイアログとは別物ですが、やはり、「CD-ROMをドライブに入れろ」と強制されます。

CD-ROMを入れずにチェックマークアイコンをクリックすると、ダイアログは閉じ、辞書プログラムも起動しません。

CD-ROMを入れてクリックすると、メディア確認後、辞書プログラムが無事起動します。ファイヤーウォールで辞書プログラムの通信はすべて遮断しているので、メディア確認時に外部と通信しているわけではないようです。
Macmillan English Dictionary[2007:2nd Edition]
Macmillan English Dictionary for Advanced Learners[2007:Second Edition]

同梱のCD-ROMの辞書ソフトは、初版と同様に、一ヶ月ごとに認証を促すダイアログが表示されます。あと一週間で有効期限が切れるからCD-ROMを入れろ、と。

この辞書、↑のリンクのamazonでは税込で4,200円ですが、丸善あたりで洋書のほうを選ぶと、もう少し安く買えるようです。4,000円をちょっと切るくらい。
"salaryman"という英単語
「サラリーマン」は和製英語である。実際の英語では"an office worker"や"a salaried man"使うべきだ。

---

と頭に刻み込まれていましたが、最近の英英辞典には、見出し語として"salaryman"が載っています。意味は「(特に日本人の)毎日長時間働くビジネスマン、ホワイトカラー」。

COD(The Concise Oxford Dictionary)では、第9版(1995)に初登場。日本語の「サラリーマン」が英綴りで逆輸出され、英単語"salaryman"として定着したのかもしれません。

日本人「サラリーマン」の敏腕ぶりは企業戦士として、欧米でも有名です。しかし、"salaryman"のニュアンスは、会社でアクセク働くおとーさんのイメージが強いようです。

なので、学校のテストで「サラリーマン」="salaryman"は十中八九ペケです。「サラリーマン」は会社勤めの人達全般を指すけど、"salaryman"はそうではない。

"salaryman"は、日本語の「働き蜂」に近いかも。
「UMA」(未確認動物)という単語
「UMA」(未確認動物)とは、「雪男」や「チュパカブラ」、「ネス湖のネッシー」など目撃者は多数いるけど、学術的にはその存在を認められてない生物を指します。怪奇好きやオカルトファンは、すぐにピンとくる単語。

"UMA"とは、英語の"Unidentified Mysterious Animals"の頭字語。三語の頭文字を取ったもの。直訳すると「未確認不可思議生命体」。「空飛ぶ円盤」の"UFO"(Unidentified Flying Object)になぞらえて、日本で作られた和製英語でした。

今では、"UMA"という単語は、Wikipediaの英語版にも掲載されています。逆輸出に成功した「英単語」と言えるかも。

英語版の"UMA"の項目は、日本語版の"UMA(未確認動物)"よりも、はるかに内容が豊富。アルファベット順に200以上のUMAがリストアップされています。国産の"UMA"であるツチノコ鹿児島県の池田湖のイッシーも掲載ずみ。
語学 | 22:19 | -

web拍手 - | pookmark
Macmillan English Dictionary[2007:2nd Edition]の不具合
Macmillan English Dictionary for Advanced Learners[2007:Second Edition]

同梱のCD-ROMの辞書ソフトの不具合:
ウチの場合、インストール後最初の起動でどうやらオンラインの認証に失敗したらしく、エラーが出てそのままプログラムが終了しました。次に起動すると、三分くらい認証で待たされようやく、辞書プログラム本体のウインドウが出現。

マクミランのサイトのFAQのコーナーにて、修正プログラムがいくつかのダウンロード可能です。
Macmillan English Dictionary Technical Support and FAQs

ダウンロードした修正プログラムは結局、使わずじまい。次にトラブルが発生したときにでも、インストールしてみるつもりです。

辞書ソフトの使い心地自体は良好。フォントサイズがかなり自由に大小できるので、近眼にはありがたい。
英英辞書ソフト: WordWeb
英英辞書ソフトのWordWeb。無料で使えるフリー版(free version)もあります。スクリーンショットとダウンロードは以下のページから。
WordWeb: Free English thesaurus dictionary download

フリー版は試用期間の30日を過ぎると、有料のプロ版への移行を促すメッセージウインドウが出るようになります。ただし一定の「条件」を満たせば、その後も無料で使うことができます。「条件」の詳細は以下のページに。「条件」としては、かなりゆるやかです。
WordWeb 5.0 Free version licence

最新版の WordWeb 5 は Windows 98/2000/Me/XP/Vista に対応。常駐させると、ホットキー押し下げで瞬時に画面が表示されます。

英英辞典としては、英語学習者向けではないので、定義文は比較的短く、やや難しい単語も使われています。フォントサイズは自由に変更可能。追加フォントのインストールなしで、発音記号も表示されます。

画面の下半分には見出し語の同意語(Synonyms)や反意語(Antonyms)などの追加情報も随時現れる。これはかなり便利。WikipediaやWiktionaryへ接続してオンラインで語句を調べる機能もあり。

最近のバージョンには、短いながら例文も載せています。調べた見出し語を栞として記録する"Bookmarks"あり。

一部の見出し語は発音の再生も可能。音声データファイルの入手とインストールは以下のページから。
Sound files for use with WordWeb
| 1/2PAGES | >>